今年の100回記念大会でまた西浦達雄さんの歌が聞きたいです。

春の選抜大会が大阪桐蔭高校の春連覇という形で幕を閉じました。
今から夏の選手権大会が楽しみなのですが、野球の試合と共に期待というかお願いしたいことがあります。
それは28年もの長い間に高校野球中継のエンディングソングを担当していた西浦達雄さんの曲が聴きたいということです。
2015年以降は他の歌手の方が歌う歌がエンディングソングとして使われていますが、やはり合わないなと感じます。
現在では西浦さんの曲はエンディングテーマソングとして使用されてはいませんが、試合と試合の間の学校紹介や選手紹介の時には曲が使われています。
ということは西浦さんの曲が高校野球には欠かせないという判断をしているのだと感じます。
西浦達雄さんの作る曲は歌詞が非常に熱いものがあり、聴いているだけで涙が出そうになってくるような気持ちにさせられます。
高校球児たちの熱い戦いとともに、感動を与えてくれる西浦達雄さんの曲を今年の100回記念大会で使ってもらえないかな?と考えています。ミュゼ 背中 回数