僕に思惑系統観測を与えてくれた隣人というyes

そうでなくとも、25カテゴリー残余の運命を歩んでいれば、どっかの過程で「新聞紙事務所に就職する」というレンジが思い浮かんでいてもおかしくはないはずだった。
しかし、それすら思い付きもしなかったのは何故だろうか。
それは、新聞紙というものが、妻にとって手ごわいほど妻自身に近過ぎたからです。
常日頃から熱心に新聞紙を読んでいても新聞紙事務所で働きたいとまで考えやるようなキャラは随分いない。
多くのキャラは、新聞紙のもの異見本体よりも、その中味や報告の成分について感じる傾向がある。
自身は多田に心酔の念を抱いた。多田は「どうですかね?」と言わんばかりに嫌ったらしき不敵な笑みを浮かべていらっしゃる。
しかし自身は、もっぱら感心したように頷くより他になかった。同時に、昨日今日横に越してきたばかりの隣人のほうが人よりも遥かに女心を分かっているという真実が相当情けなく思えてならなかった。
「新聞紙レポーター……か」
間際のファッションショーウィンドウ越しに634mの巨塔が煌々と白い光を放ち輝いているのが思える。モビット電話審査