本当にハイスクールのサバゲービッグイベントで潜伏生活をすることになるとは・・・

友人の強制によって不本意にもサバゲーに列席させられた高校生3年代の夏場。
あたいは生じる1つの心機一転をしました。
今頃レクリェーションから投げ出すわけにもいかない。
それならばサバゲーを解消に追い込むことを画策するよりも、最後まで仇の襲撃から逃げ切ることを考えた方がいい。
「(自陣要所の守りなんて分かるか!自軍が負けても自分がつらい心境をすよりはマシや)」
あたいはその心機一転を胸にレクリェーション開設早々もとより見つくろっておいた場所に駆け出しました。
私の突然のアクティビティーに仇軍の先発隊は襲撃されると勘違いしたのか、身を潜めて攻撃してきません。
「(何かしらんけどこれは瞬間やな。今のうちに隠れちまおう)」
あたいは牽制のうま味書物に装填されているありったけの弾を仇軍に向けて掃射しました。
そしてあたいは当初の予定通りの場所に到着し、そこに潜伏することにしたのです。
予備の書物は4つ。余剰時間は約6スパン。
全逆鱗を周囲の索敵に使い、ブレスを潜めてスパンが通り抜けるのを唯とことん待ち受け続けたのでした。ハナシタ 脱毛